入社試験だけではなく、この頃は受験でも面接試験が取り入れられています。

面接官の顔を見る事が大事
面接官の顔を見る事が大事

どうせなら楽しむ面接

入社試験だけではなく、この頃は受験でも面接試験が取り入れられています。試験管と話をするというのはとても緊張するもので、面接で失敗してしまった人も数多いというほど、面接で試験官と会話をするということは、いつになく自分が気になる時間でもあります。また、学校のテストとは違い、その場所に行き、実際に面接をして初めて、何を聞かれるのかが判明します。それまで頭の中で準備していた内容通りにいかないと、更に何も言えなくなってしまう人もいます。そのようなことが無いように、面接は周到に準備しておかなければなりません。要は、頭の柔軟が大切です。用意していた通りにいかなくても、頭の中で瞬時に考えることができるようにしておくと、面接はすんなり終わります。

逆に無理難題をふっかけられた際には、この面接は捨てたものと考えて、思いきり自分の考えをぶつけてみる方が良いです。一生懸命考えた回答を面接官が無碍にするのか、それとも考えに対して良い反応をしてくるのかで、その企業がどのような企業なのか、見抜くことさえできます。こうなってくると、面接は楽しんだ者勝ちになってきます。苦しいよりも楽に捉え、失敗しても引きずらずに次に向かうことが一番重要です。

就職・転職・求人・求人に関わる話は、情報量が多いこのサイトでチェック