パートやアルバイトの面接は、たしかに正社員の就職試験に比べると、良い意味で気楽に行けるというメリットがありますよね。

面接官の顔を見る事が大事
面接官の顔を見る事が大事

パートやアルバイトの面接に行く際に気をつけること

パートやアルバイトの面接は、たしかに正社員の就職試験に比べると、良い意味で気楽に行けるというメリットがありますよね。スーツでビシッと決めて向かうよりは、カジュアル過ぎない格好で、というほうが好印象のところもあります。もちろん、職種などにもよりますが、主婦の方のパートやアルバイトなどは、私服の方が無難といわれる方も多いです。しかし、やはりパートやアルバイトでも、仕事への姿勢やお店の顔にもなる点も見られるので、ラフすぎる格好は、履物やかばんも含めて考え物ですね。

主婦の方を中心とした、パートやアルバイトで面接時に気をつけることは、当たり前ですが、相手に不快な思いをさせないことや、社会人としての常識をしっりともって受け答えをすることです。ときには、自身の娘や息子若い年下の職員の方が面接にあたられることもあります。話の中でうちとけてきて、親しみやすさやコミュニケーション力を見てもらうのは良いことなのですが、つい言葉遣いや話し方が、年下の身近な人に接する時のようになってしまってはいけません。相手は若くても、社員で立場が上の上司です。かしこまりすぎる必要はありませんが、気をつけていきたいポイントです。