正社員として働くことは無論、アルバイトやパート勤務をするにも面接は付き物です。

面接官の顔を見る事が大事
面接官の顔を見る事が大事

面接を上手に乗り切るために

正社員として働くことは無論、アルバイトやパート勤務をするにも面接は付き物です。履歴書や職務経歴書と合わせて、合否の判断となる貴重な場面です。出来る対策は限られますが、何度もシミュレーションを重ねて、準備万端で臨むことが大事です。では、具体的にはどのようなことに気を配れば良いのでしょうか。面接で質問されることには幾つかのパターンがあり、それを想定しておくだけで随分と楽になります。それは、なぜこの会社を選んだのかという質問です。志望動機はもちろんですが、会社の規模や実績、更には社訓や風土を事前にリサーチしておくことが重要です。

どんな面接官であれ自らの会社について入念なリサーチがなされていれば、悪い気はしませんし好印象を与えることが出来ます。次に重要なのが、それまでの仕事で何を学んだかという点です。全く違う職種への転職だった場合、前職の経験が役に立たないこともあります。しかし、やはり仕事はチームワークです。成し遂げた数値目標やプロジェクトがあれば、自信を持ってアピールして下さい。更には、趣味や特技について質問されることも多いです。採用が懸かった面接ですから、緊張するのは当たり前です。フレッシュさを前面に頑張って下さい。