面接は最後まで気を抜かないことが大切です。

面接官の顔を見る事が大事
面接官の顔を見る事が大事

最後まで気を抜かないことが大切な面接

面接は最後まで気を抜かないことが大切です。最初は緊張感があるため、行動や言動に注意していたとしても、面接が終了した時は最初に比べると落ち着いているため、気を抜いてしまう場合があります。特に、面接が行われた部屋から退出する時は、面接官にきちんと挨拶をして、ドアを閉める時まで気を抜かないことがポイントです。退出する際に気を抜いてしまい、きちんと挨拶をしなかったり、ドアを丁寧に閉めなかったりなどは、面接官によってはよくない印象を持ってしまう場合があります。しかし、気を抜かなければ、良い印象を残すことができます。

また、企業を訪問しているということは、面接官以外の社員と顔を合わせることがあります。万が一採用された場合は、顔を合わせた社員から指導を受けるのはあり得ることです。ですから、顔を合わせた時は自分から挨拶をしておくことで、一緒に働くようになってから挨拶ができる人材として評価されることになります。面接ということで、普段は緊張しないタイプも緊張してしまうことはあります。そんな中でも自分をアピールするためには、最初から最後まで気を抜くことなく、真摯な態度で面接に臨むことで、採用に近づけるようになります。